サーフィン体験やライセンス取得TOP > スキューバダイビング

スキューバダイビング

人生の煌めきは感動の数で決まる

ダイビング

海の中には、地上にはないブルーがたくさん存在する。

ダイビングの魅力は、陸上で経験できないこと!かぎりなく透明に近いブルーから絶妙な色合いを重ねて、ライトブルーやエメラルドグリーンといったまばゆいブルーへ、さらに潜っていくと青は深さを増し、ディープブルー、ダークブルー、グランブルーへと広がっていく。

ダイビングは、そんな地球上の「青」をすべて集めた海の世界に飛び込み、自然の偉大さに心を揺さぶられながら、そこに暮らす生き物たちに出会い、恋をし、いっしょに遊び、ときにフラれ、また出会い、癒され、そして勇気をもらう――。
 

その瞬間その場所で出会う、ひとつひとつの感動のドラマは彼らと同じ目線で泳ぐことを許されたダイバーだけのもの

ひとつの地球上にあっても、水面をたった一枚へだてた海の中は、陸上とはまるで別次元。

ひとたびその扉を開けば、想像を超える感動の数々と癒しの世界が待っていてくれる。

ワクワク感

何が起こるか予測不能…… 偶然と偶然が交差したときボルテージは急上昇する

エイダイバーのフィールドは、地球の2/3を占める広大な大海原。

天然のアクアリウムに暮らす魚たちは水族館のようにいつも同じ場所にいてくれるわけではない。

だからこそ、出会えたときの感動と興奮は何倍にもなる。
北へ南へ、何万キロという地球サイズの旅をしているクジラや、体長10mもの巨体をゆったりと揺らし、自信たっぷりに悠然と姿を現す世界最大の魚、ジンベエザメ。
3m近いマントを大きく広げ、優雅に空を滑空するマンタ。

ハンマーヘッドシャークなど、ときに大勢の仲間たちを引き連れてにぎやかな水中カーニバルを見せてくれることもある。

高層ビルのように切り立つ豪快なドロップオフでは
潮の流れに合わせて何百匹という魚たちが大群で渦を巻く。

そこへ大型回遊魚たちがアタックをかけたとたん、たちまち映画のワンシーンのような大スペクタクルが繰り広げられる。
そんな場面で、彼らの鼓動や息づかいを感じられる距離まで近づき、目の前でエネルギッシュな躍動感を味わえるのも、ダイバーだけの特権。

おまけに
毎日潜っていてもめったにお目にかかれないという千載一偶のチャンスに遭遇できたときの興奮といったら――。

「いつ何が起こるか分からないから、ダイビングはやめられない!」
アドレナリン大放出の出会いを経験するたびに、ダイバーである幸せを噛み締めることができる。

→スキューバダイビング基本概要へ
→T's提案自分スタイル オープンウォーター取得方法へ

自然のすばらしさ

海の神秘と生き物たちが織りなす青い地球のドラマ

水中はダイビングでしか味わえない感動!海の中にも、何十億年という長い年月をかけて造り上げられた壮大な地形のアートや自然の育みがある。

入り組んだトンネルやアーチ、クレパスなどでは、冒険心をくすぐられながらアドベンチャーダイブを楽しんでみたり。
洞窟に入れば、幻想的なブルーの光がシャワーのように降り注ぐ。
その神々しいほどの水中景観は、洞窟をふちどるレリーフも、天空から射し込む光と影のバランスも、すべてが計算しつくされたかのような造形美を見せてくれる。

海底に純白のホワイトサンドがどこまでも広がる海では、クリスタルブルーの中層にぽつんと浮かぶ浮遊感もたまらない。
陸上では決して味わえないその空間で、頭の中もココロも空っぽのまま、海に身を任せて漂う贅沢。

斜光はまさに神秘!環礁を彩る麗しいサンゴ礁に潜れば、宝石をまき散らしたようなその美しさにも、思わずため息がこぼれる。
そこには絶品サンゴを揺りかごに、たくさんの生き物たちが暮らし、海の恵みが育む豊かな生態系が広がっている。

ビビッドカラーを身に纏ったトロピカルフィッシュたちはくるくると元気いっぱいに舞い踊りながらダイバーを出迎えてくれる。
サンゴや岩のすきまをそっとのぞけば、キュート顔のマクロ生物たちが恥ずかしそうに出たり入ったり。
きゅんとするほど愛らしい表情を見せるときもあれば、奇想天外でユーモラスな動きをして、和ませてくれたりもする。
 

海の中には、陸上よりもはるかに華やかな色彩が競演していて、生命力に満ち溢れた生き物たちのサンクチュアリがいっぱい広がっている。
わたしたちが日々を暮らす地球の一隅に、こんなにも美しい場所があることを知る――。

ダイビングの醍醐味は、そんなところにもあるのだと思う。

スズメダイの群れ! モルジブの固有種! クレナイイトヒキベラ

 

トラギス ウミウシ ミノカサゴ

 

→スキューバダイビング基本概要へ
→T's提案 オープンウォーター取得へ

人とのつながり

ボーダーレスに広がり続ける人とのつながり

自然の中で自然と出会いが広がる!

ダイビングではいつも必ず
一緒に潜るバディや仲間たちがいてくれる。

たとえ行く時は1人でも、同じ海を潜り、
一緒に感動を共有するだけで、すぐに仲間になれたりもする。

ダイバーには老若男女、さまざまな業種の人々がいて、
そこでは年齢や性別、肩書きなんてものは関係なく、
ひたすらに海を愛する者同士、みんなフレンドリーでボーダーレス。

一緒に潜った人たちとは夜が更けるまで語り、笑い、
そしてまた海が好きになる。

むきだしのダイバーズスピリットはみるみる連鎖し、
またどこかの海で一緒に潜ることを誓い合う。

海を通じて、広がりつづける人とのつながり――。

それもまた、ダイビングが人々を惹き付けてやまない理由のひとつである。

一生ダイビング!

ダイビングは、一度始めればその楽しみかたは無限大

スキューバ

潜れば潜るほど、もっともっといろんな海の姿を知りたくなってくる。

一生かけて世界中の海を潜り歩いたり、
メインフィールドに通い、生き物たちの暮らしぶりを観察したり、
カメラを持てば水中写真の世界にどっぷりとはまっていったり……

一人一人、それぞれに好きなスタイルや興味のベクトルは違っていても、
ダイバーは皆、「海のある人生」を心から楽しんでいる。

さぁ、あなたもさっそくダイビングを始めて
人生に潤いをくれる海の世界を、その目で確かめてみてはどうだろう?

→スキューバダイビング基本概要へ
→T's提案 自分スタイル オープンウォーター取得方法へ
→オープンウォーターに申し込む