サーフィン体験やライセンス取得TOP > ダイブコンピュータ詳細

ダイブコンピュータ詳細

器材の選び方 ダイブコンピュータ

マスク詳細.jpg シュノーケル詳細.jpg フィン詳細.jpg ブーツ詳細.jpg
ダイブコンピュータ詳細on.jpg BCD詳細.jpg レギュレーター詳細.jpg お役立ち詳細.jpg
ウェットスーツ詳細.jpg ドライ詳細.jpg    

器材メンテナンス.gif

 

ダイブコンピューターの解説・選び方

ダイブコンピュータ(略して「ダイコン」)とは、ダイビング中に体内に蓄積されるでダイブコンピューター
あろう窒素量を 基に、減圧停止することなしに現在の水深であと何分止まっていられるか
(無減圧潜水時間)、また減圧 ダイビングに入った場合の減圧停止深度と時間を、
リアルタイムに計算・表示してくれるスグレモノです。
ただし、直接体内の窒素量を測っているわけではなく、あくまでも標準的な人体モデルを
前提として理論上 の数値を計算しているだけで、個人差や日々の体調までは考慮してくれません。
そういった意味では、 あくまでも安全の目安としての数値を表示してくれるに過ぎません。


しかし、ダイビングに関する安全意識の向上や、海外でのダイビング機会の増加に伴い、
ダイブコンピュータ は今やなくてはならない器材になりつつあります。

 

おすすめ購入時期

購入おススメ度

100点

ダイブコンピューターは、ダイビングを続けていくなら絶対購入すべき器材です。
講習時にはインストラクターが安全管理を行いますが、ファンダイビング(遊び)の場合は
ある程度自分で自己管理していきます。ダイブコンピューターはリアルタイムに自分の潜っている
深度にあと何分滞在できるかと自動計算してくれます。
また、水温、ダイブタイム、深度のログ機能がついているので、ダイビング後のログ付には必須です。
なくても潜れますが、自分の安全管理を人任せにすることとなりますのでご承知おきください。

しかしながら、講習終了後すぐに買わないとダイビングができないわけではありません。
あくまでも持っていた方がいい器材です。さらにダイブコンピューターを持っていれば
100%安全ということはありません。あくまでも理論に基づいた計算式なので、できるだけ控えめに使うべきものです。
恐らく講習終了後すぐは、ダイブコンピューターを見る余裕すらないと思います。
過信する余りダイブコンピュータべったりになり、かえって危険なダイビングをすることにもなりかねません。
言われるまま購入するのではなく、どういったタイプのものがあるのか、またデザインなども
含めてしっかり検討してから購入しましょう。


通常30,000円~150,000円くらいが相場です。
最近では非常に小さくなってきてますので、時計としてつけてもあまり違和感はありません。
少し高い時計といった感じでしょうか。


寿命はかなり長いです。もちろんバッテリーは電池なので、製品によっては電池交換が1年に1回程度
必要になるものもあります。電池さえ変え続ければ半永久的?(もちろん中身の計算理論は日々進化して
いるので永遠ではありません)
 

i-600LED.jpg

 

ダイブコンピューターの種類

コンソールタイプ

コンソールタイプ
ダイブコンピューターコンソール.jpg
  • ゲージ類と一緒になっているため
    なくすことはない。
  • 残圧計と一緒なので同時に深度と
    減圧不用限界を確認できる。
  • 現在はダイブコンピューターがコンパクトに
    なってきていて、あまり使用されていない。

 

 

 

 

 

リストタイプ

リストタイプ
ダイブコンピューターリスト
  • 時計とあまり変わらない大きさ。
  • スタイリッシュ
  • 持ち運びが便利
  • 深度や減圧不用限界を確認する際
    コンソールタイプとは違って探す手間が省ける。
    (コンソールはホルダーでBCDにつけておきますが
    マスクで視界が狭いのでちょっとずれると探しにくい)

 

 

 

 

 

 

ダイブコンピューターの基本的な機能

通常のダイビング中

下記項目は一般的な表示項目ですが、機種により多少異なります。
また、ボタン操作 などで項目を切替えて表示するものもあります。

  • 現在の水深
  • 最大水深
  • 潜水時間
  • 無減圧潜水時間
  • 体内残留窒素量(バーグラフ表示など)
  • 水温(現在の水深時または最大水深時)
  • 浮上速度警告(点滅表示やアラーム音など)

 

減圧ダイビング中

無減圧潜水時間を越えて潜った場合、体内に蓄積された窒素を排出するため、
定の浅い水深で一定時間止まることが必要となります(減圧停止)。
従って、減圧停止が必要になると、コンピュータの表示が減圧停止モードに切り替わります。

  • 現在の水深
  • 減圧停止すべき水深
  • 減圧停止すべき時間
  • 浮上までのトータル時間
  • 体内残留窒素量(バーグラフ表示など)

 

ダイビングログ表示

現在までのダイビング記録で、機種により表示項目、記録できる本数は異なります。

  • 潜水日付
  • 潜水開始時刻
  • 潜水終了時刻
  • 潜水時間
  • 最大深度
  • 平均深度
  • 水温(最大深度での水温表示が多い)
  • ダイビングプロファイル(潜水深度の変化を時間経過とともに表示したもの)
  • 過去からのダイビング本数
  • 過去からのダイビング総時間

 

 

ダイブコンピューター選びのポイント

機能

現在販売されているもののほとんどは、ダイブコンピュータとして最低限必要な機能は有しています ので、
基本的な機能面での優劣はつけがたいです。
厳密に言えば、採用する減圧理論(アルゴリズム)や人体モデル、安全性に対する考え方等の違いにより、
特に反復ダイビングの場合にコンピュータごとに無減圧時間が異なったりして、どの機種は厳しいとか、
どの機種は甘い、といった議論がされることもあります。
現物を手にとってみて、反復ダイビングのシミュレーションをして比較してみる、といったことも 選ぶ上での
参考になるでしょう。
ただレジャーダイバーとしては、そういった専門的な議論よりも、どうコンピュータを使うか ということの
ほうがもっと大事なように思います。

なお、以下のような機能のある製品もあります。

  • 一定以下の浅い水深になると、3分間のカウントダウン機能があるもの(安全停止モード)
  • ナイトロックス対応のもの(最近の製品は多くが対応)
  • コンパス機能のあるもの
  • レギュレーターのファーストステージにトランスミッターを取り付けることにより、 タンク残圧を表示できるもの
  • 浮上時に、一旦深い水深で停止する、ディープストップという考え方を取り入れているもの

 

表示項目・表示方法

各コンピュータとも最低限の表示項目はどれも同じですが、表示方法は少しづつ異なります。
例えば

  • ダイビング中の最大水深や水温が常時表示されるものと、ボタンで切替表示するもの
  • 浮上速度警告を点滅表示で知らせるものと、アラーム音で知らせるもの
  • ダイブログ表示で潜水終了時刻表示がなく、潜水開始時刻と潜水時間で計算が必要なもの
  • 水温を小数点以下1桁まで表示するものと、整数部分のみの表示のもの
  • 日付表示順序が年月日のものと、日月年のもの

 

機能かデザインか

ダイブコンピュータは高価で長く使用する器材なので、自分が是非必要とする機能は何か、
あれば便利な 機能はなにか、なくてもいい機能はなにか、表示方法はどうかなど、
十分こだわって選択してください。
よほどデザインが気に入らない場合は別ですが、そうでない場合は表示内容や機能、
見やすさを優先することを お勧めします。使っていれば、多少気に入らないデザインでも
愛着がわきますが、使いにくい機能は 慣れることはありません。

 

 

安全潜水のために

控えめなダイビング

ダイブコンピュータがあるからといって、無減圧潜水時間ぎりぎりまで潜るのは危険です。
コンピュータはあくまで、安全の目安としての数値を表示しているに過ぎません。現に、 コンピュータの
示す無減圧潜水時間を守ったダイビングにも拘わらず、減圧症になったケースも あります。
余裕を持った無減圧潜水時間で浮上するのが賢明です。

 

一番厳しいコンピュータに従う

ダイブコンピュータは機種により無減圧潜水時間が多少異なります。何人かで潜った場合、
最も厳しい(短い)無減圧潜水時間を表示するコンピュータに合わせてダイビングをするべきです。

 

ダイビングのルールを守る

最初に一番深いところへ行き徐々に水深を上げる、極端な浮上・潜行の繰り返しは避ける、
安全停止を 行う、などダイビングの基本ルールは、ダイブコンピュータのあるなしに拘わらず、守ることが重要です。

 

 

あると便利なダイブコンピューター関連グッズ

ウォッチガード.jpg ラバーストラップ.jpg    
ウォッチガード ストラップカバー    

i-600LED.jpg

 

海遊び便利グッズへ

 

マスク詳細.jpg シュノーケル詳細.jpg フィン詳細.jpg ブーツ詳細.jpg
ダイブコンピュータ詳細on.jpg BCD詳細.jpg レギュレーター詳細.jpg お役立ち詳細.jpg
ウェットスーツ詳細.jpg ドライ詳細.jpg    

器材メンテナンス.gif