Q&A

素朴な疑問

何で海に潜るの?

未知なる世界の入り口だからです
地球の表面積の約70%は海です。まだまだ解明されていない謎が多い海ですが、そこにこそ本当のアドベンチャーが存在します。洞窟や沈船、ドロップオフ(水中の崖)や海底遺跡などの地形派や、マンタやカメ、ジンベイザメやソフトコーラルといった生き物までとにかく不思議な世界に身を投じれば、今まで体験したことのない“わくわく”が溢れだすはずです。

泳げなくても潜れるの?

水に慣れていれば大丈夫です。
長距離を泳ぐ泳力や、水泳のスキルは必須ではありませんが、落ち着いて潜る必要があるので、最低限水に慣れておくことをおススメします。講習前にプールなどに通って緊張をほぐすのもいいでしょう。

何分くらい潜れるの?深さはどれくらい?

30分~60分 深度限界で40m です。
潜るダイビングポイントによって潜水時間は大きく異なります。深度によって変わる体への影響やタンク内の空気の残量を考慮し、時間を決定します。
水深に関しては、Cカードのレベルによって分けられ、初めのオープンウォーターダイバーは最大深度18m、ワンランク上のCカード(アドバンス)なら30mとなり、推奨深度は変わっていきます。実はアドバンスもインストラクターも潜れる深さは一緒なのです。

サメに襲われない?

その心配は殆どありません。
サメは意外と臆病な生き物で、たいていダイバーが近づくと逃げてしまいます。種類によっては危険なものもいますが、危険なサメの多くは水深の深い外洋に生息しているのでダイバーが出会うことはほとんどなく、海を案内するガイドの指示に従っていれば大丈夫です。

水中でどうやって呼吸するの?

タンクの空気を吸って呼吸します。
タンクには圧縮された150~200気圧の空気が入っています。
レギュレーターという器材を介して2段階で減圧し、水中でも普段と同じような呼吸ができる仕組みになっています。

水中で器材が壊れたら?

バディシステム(2人1組)を守ります。
基本的には1人では潜りません。万が一のトラブルに遭遇しても、バディと呼ばれる相棒と助け合うシステムになっています。講習でもトラブルに対する対処方法を勉強します。また器材も定期点検をしておけば大きなトラブルを避ける手段となります。

ダイビングって夏だけ?ベストシーズンは?

オールシーズン楽しめます。
伊豆半島や紀伊半島などでは、夏はウェットスーツ、冬はドライスーツ(体が濡れない)を着用して、水温によってスーツの種類や厚さを変えながら、1年中快適にダイビングを楽しむことができます。四季のある日本の海は、時期によってみられ景色や生物が異なり、楽しさ満載です!もちろん常夏のリゾートは1年中快適です!

ダイビングって危険でしょ?

当然危険はあります。スキューバダイビングは水中という特殊な環境下ということもあり、特別危険というイメージがあります。参考までにダイビング死亡事故の確率は、日本では10万人に16.4人とう統計があります。単純に統計だけでは判断できませんが、事故があることもまた事実です。(ちなみに同じ年の遊泳者の死亡者は123名、釣り人は111名)

スキューバダイビングのリスクとしては、空気、減圧症、パニック、指導者の技量等があります。特に空気、減圧症、パニックに関しては、スキューバダイビング講習の中でそのリスクをいかに軽減するかを学びます。つまり知識と経験の他に講習で学んだことを継続して続けていくことが大事です。また指導者の技量に関しては顧客立場からするとなかなか判断が付きません。その場合は担当インストラクターのダイビング経験本数やインストラクターレベル、過去の事故歴などを直接聞いてみることが必要です。とは言っても直接聞くのは難しいですね。一番の方法は経験者に紹介してもらうのが一番いいのかもしれません。

どんなスポーツでも、事故は起きるべくして起きます。しっかりと準備をし、それを継続していけばリスクを限りなく“0”に近づけることはそれほど難しいことではありません。

QAトップへ_m_image.jpg  ダイビングQAへ_m_image.jpg

からだに関して

年齢制限ってあるの?

上限はありません。
10歳以上(指導団体により異なる)からとなりますが、上限はありませんので高齢になってからダイビングを始めるかたも多く、80歳代の現役ダイバーがいるほどです。一度始めれば、一生楽しめるのがダイビングの魅力の一つです。

耳抜きができないけどできるの?

殆どの方は、経験を重ねると耳抜きのコツも分かってきてスムーズに潜れています。ただ、やはり抜けにくく毎回苦労される方もいらっしゃいます。コツとしてはスキューバダイビング前にガムや飴をなめたり、水分を補給、水中に入る前に一度耳抜きをする、こまめに抜くなどがあります。市販の薬で耳を抜けやすくするものがありますが、私はあまりお勧めしていません。もちろんしっかり管理された中で飲むならいいかもしれませんが、万が一水中で効き目が切れた場合は大変です。薬抜きで潜れる練習をした方がいいと思います。
また体調による影響もあります。
風邪を引いていたり、アレルギー性鼻炎、花粉症、寝不足、疲れ、喫煙、アルコール(二日酔い)、身体の冷えなど、耳管やのどにある耳管開口部が むくみやすく、耳抜きがしにくくなります。ダイビング前日は体調を整えることが大切です。

体力に自信がないけど?

器材やタンクは女性でも背負えます。
器材は全部でおよそ13kg、タンクの重さが約10kg~15kgですのでトータルでいえば「軽い」とは言えませんが、女性でも背負える重さです。
海に入ってしまえば浮力が働くので重さは感じられません。

持病があるけどできるの?

呼吸器・循環器系の病気と冠状動脈の病気や不整脈・高血圧などの方はダイビングを始める前に専門の医師にご相談下さい。水中ではかなりの圧力が体にかかり、日常生活では何ら問題のないような病気でも発症する恐れもあります。
又、精神安定剤などを服用されている方も水中で更に眠気や思考力減などの副作用が出る事もあるので、必ず事前に医師による診断を受け、診断書の提示をお願いしております。
ただ、これらのような持病をお持ちの方全てがダイビング出来ないというわけではありません。せっかく楽しむ水中世界なので、心のそこから癒される為にも医師に相談してみてくださいね。
またダイビングに詳しい医師をお探しの場合は、一度ご連絡ください。ご紹介いたします。

眼鏡で潜れる?コンタクトは?

マスクをすると水中では物が1.25倍ほど大きく見えるので、視力が0.5くらいまでなら裸眼でも問題はありません。コンタクトレンズをご利用の方は、紛失する可能性があるので使い捨てのソフトレンズをご用意ください。眼鏡をご利用の方は、マスク自体のレンズを度付のものに変更しますが別途レンズ代がかかります。

おススメはコンタクトレンズです。度付のマスクだと水に入るまで眼鏡をしてそれをどこかに置き、マスクをつけることになるので眼鏡をなくしたり、破損する可能性があります。またマスクを着けたままの移動は陸上では視界が狭く、息苦しくなります。

船酔いするけど大丈夫?

船酔いしやすい方はまず身体的な準備として、前日は食べ過ぎず・飲みすぎず、充分な睡眠をとり体調を整えましょう。乗船前の食事は、胃がもたれないように消化の良いものを、油っこくないものを適度にとるようにします。どうしても食べられない場合は、水分(アルコール・炭酸以外)だけでも必ずとってください。
また薬を飲むのも一つの方法です。薬によっては、抗ヒスタミン剤の配合剤の関係で効果が強いものは、ダイビングでの使用は、副作用の恐れ(眠気・頭痛など)や深度下で判断能力が低下したり窒素の排出の妨げになる可能性もあるのでご注意ください。
食後に乗船する1時間以上前に飲んでいた方が効果があります。
それでも酔う方は、前日の夜にも薬を飲んでからゆっくり休んでいただくといいでしょう。
またボート上での座る場所は、揺れが少ない後方に座るのがベターですが、排気ガスには注意してください。

QAトップへ_m_image.jpg  ダイビングQAへ_m_image.jpg

ライセンス取得について

 

Cカードって何?オープンウォーターって?

Cカードとはダイビング指導団体が発行する「認定書」です。
“C”は「Certification (認定)」の頭文字です。さらにオープンウォーターダイバーとはダイビング指導団体“PADI”が発行するダイビングを始める方が最初にとるライセンス(厳密にはその下のライセンスがありますが殆どの方は、それを飛び越えてオープンウォーターを取得します)となります。

PADIのライセンスって?

世界シェアNo.1のダイビング指導団体
ダイビング指導団体は世界に多数存在しますが、世界シェアNo.1の“PADI”(=パディ Professional  Association of Diving Instructor)の講習を開催しています。世界的に認知されている団体のカードを持つということは、全世界どこのダイビング現地サービスに行ってもそのカードは認知されているとともに、信頼のおけるダイビングスキルを習得できるということです。

ライセンスがないと潜れないの?

レジャーで楽しむスキューバダイビングのライセンスは、民間団体が発行する認定書で、国などの公的機関が発行する免許証や国家資格ではありません。厳密に言えば、なくても法律的拘束はありません。しかし、全世界のスキューバダイビングの施設では、ライセンスを持っていない方へのタンクや器材の貸し出しは一切行っていません。ライセンスを持つということはダイビングの知識や経験を表す証明書となるためです。安全にレジャーを楽しむためにはライセンスは、証明書として、海へのパスポートとなります。

日数はどれくらいかかるの?

最短3日間(ご都合に合わせて日程を決定します)
お仕事、学校のご都合に合わせてアレンジすることも可能です。

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~ライセンス~へジャンプ

どうやって始めればいいの?

スキューバダイビングは水中環境下での特殊なスポーツです。その為専門的知識を持ったスクールにて体験・ライセンスが取得できます。まずは、体験ダイビングに挑戦するもよし!ライセンス取得して、海外の海に潜るのもよし!一緒に相談していきましょう。

今度海外旅行に行くけど、どこでライセンスとればいいの?

おススメは日本で学科、プールを終わらせて海洋実習だけ海外で。
T’s Forestがおススメする、海外でのライセンス取得は日本で学科、プールを終了させ、海外で海洋実習を行うパターンです。
PADIでは講習のセクション(学科、限定水域、海洋)ごとに委託紹介することができます。せっかく海外に行ったのに部屋の中で学科をするのはちょっともったいないですよね。旅行の日程にもよりますが、海外で海洋実習だけ受ける形であれば講習終了後、ファンダイブ(遊びのダイブ)もできます。
T’s Forestでは信頼のおける海外現地サービスをご紹介いたします。

数年前に取ったけど、まだ潜れるの?

PADIのライセンスには更新はありません。しかしスキルや精神的な部分は更新すべき点です。特に不安を抱えていきなりボートダイビングは、安全面や楽しむことができないのでお勧めしません。
経験本数30本未満の方で3ヶ月以上空いている方は、リフレッシュダイブをおススメします。また経験本数100本以上の方でも3年以上ブランクがある場合は、リフレッシュダイブかビーチダイブから再スタートしたほうが、楽しさ倍増です。

一般的にかかる費用は?

一般的にかかる費用は、

  • 講習費 :インストラクターなどの人件費
  • 施設使用料:プール利用料、現地施設利用料(海洋)、漁協協力金等
  • タンク代:充填済みタンク
  • 教材関連:マニュアル、ログブック、申請代
  • 交通費:集合場所からの往復送迎費用
  • レンタル器材:プール、海洋におけるレンタル分
  • 宿泊費:海洋実習は2日間必要のため宿泊します。
    殆どのショップでは、表示金額(講習料金)とは別途レンタル代や申請代などがかかる場合があるので、安いからと飛びつかずに良く見てから判断しましょう。                      

T’s Forestでは上記すべての料金が含まれています。
T’s Forest オープンウォーターダイバー
¥59,800[税込]


都市近郊にあるダイビングショップでの上記合計の相場は、¥60,000~¥90,000です。それ以外に器材販売を勧めるショップもあるのでまずは講習後に検討したほうがよりいい買い物ができると思います。

T'sForestと他社の違いは?

透明性のある料金表示と、世界最高水準のダイビング団体の講習です。
一番違う点は、価格表示です。他社は講習料金といってもレンタル器材代や、申請料など別途必要になってくるものが含まれていませんが、T’s Forestでは講習に関わる必要経費をすべて合計して表示しています。講習料金以外にかかる費用は、昼食代や集合場所までの交通費等ご自身にかかってくるものだけですので、わかりにくい計算は必要ありません。
また、あるショップではダイビング器材の購入を強制的に勧めてくるところもありますが、講習前の重器材(BCDやレギュレーター)購入は、おススメしていません。
まずは実際に経験してみて、“ほしい!”と思った時が買い時です。講習後、器材購入のアドバイス、T’s講習特典での割引販売をしております。もちろん強制的、威圧的な販売は一切しておりません。

ステップアップのライセンスって?

PADIライセンスプログラムには、様々な内容の講習があります。自分のスキルアップやもっと様々な場所で潜ってみたいなどダイバーの欲求を満たしてくれます。

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~ライセンス~へジャンプ

ライセンス取得後はどうやって潜りいくの?

→楽しみ方ページへ

ちょっと高いけどショップツアーで潜りに行ったり、ちょっと安いけどダイビングに不安がないなら現地ショップへ、自己管理がばっちりならセルフダイビングへ、そして南の島へ

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~ファンダイブ~へジャンプ

QAトップへ_m_image.jpg  ダイビングQAへ_m_image.jpg

女性のどうする?

生理の時どうするの?

意外にも女性ダイバーの大半が生理中でも潜っています。ウェットスーツの場合はタンポン派が主流。夏場はウェットスーツで潜る機会が多くなりますが、心配なのは海から上がった時です。衛生上、一日中ウェットスーツは避けたいところ。万が一汚れても目立ちにくい黒っぽい水着や黒っぽいタオルやパレオ、ショートパンツ型の水着などを準備するのをおススメします。また船でダイビングする時は事前にトイレがあるか確認しておくといいかもしれません。また生理中の大敵はやはり冷えです。あえてドライスーツで潜り冷えないよう腹巻や、ホッカイロを付けて潜るなど工夫している人もいます。(ドライスーツは体が濡れないので、ナプキンで潜る方が主流です。)

また、ウェットスーツなどは自分に合ったオーダースーツ、グローブ、フードな寒さ対策に有効な器材をそろえるのも一つの方法です。
いずれにしても自分の体の声をよく聞いて、無理しないようにしましょう。事前にインストラクターや女性のお客様に伝えておくと、気を使ってくれて快適に過ごすことができた!という声も多数聞かれます。

鎮痛剤は服用してもOK?ピルの使用においての注意点は?

水圧の関係で薬の作用が変化することが考えられます、個人差が大きい問題なのですべての方が問題なく潜れるわけではありません。基本的には薬を服用してのダイビングは避けるべきです。服用する場合は医師の指導の下、処方してもらってください。
また定期的にピルでコントロールしていて、服用中のトラブルがない方には、吐き気などの副作用は少ないかもしれません。年に数回ダイビングの時だけ処方してもらうというケースでは、副作用が強く出ることが考えられますが、個人差があります。ピルでずらす場合は、ダイビングまでに生理を終わらせるようにして、当日はピルを服用しなくていい状態にするのがベストです。

妊娠中でもできるの?

できません。妊娠中のダイビングは母体と胎児の双方に影響が出てくる可能性がありますので、妊娠している可能性がある、心当たりがある場合は、ダイビングに行く前に、検査を受けましょう。 

出産後いつから潜れるの?

少なくとも1ヶ月以上経ってから、産科医にダイビングをしてもいいか確認してから行きましょう。通常分娩後は一般的に3週間~4週間は生殖管への感染リスクを軽減するため、体全体を水に浸すことを避けるように勧めています。また帝王切開による出産の場合は、体調の回復とともに傷口の回復を考慮に入れ、少なくとも8週間以上経ってから再開するよう勧めているようです。この場合も産科医にダイビングをしてもいいか確認しましょう。

トイレが近い

トイレが近い場合でも、ダイビング前に水分補給はしておきましょう。船酔いしやすくなったり減圧症になるリスクが高くなります。水温の高い時期はウェットスーツが主流なので、海でそのまま、、、なんてこともよくあります。ただスーツに匂いが残る場合があるので、専用シャンプーで洗浄してください。海でなんかできないやドライスーツの場合はダイビングがスタートする直前に行きましょう。
どちらにしても無理は禁物です。事前にトイレの場所を問い合わせておくのもいいでしょう。

寒がり・冷え性だけど対策は?

寒さ対策は、ウェットスーツの下にラッシュガードやインナーを着用すると保温力がアップします。レンタル器材のウェットスーツは、サイズが合わないと保温力が低下します。オーダーでマイウェットスーツを購入するか、裏起毛になっているインナーを購入することをおススメします。またグローブやフード、フードベストなどは安価でかなり友好的です。ちょっとカッコ悪いからといって侮るなかれ!

日焼け止め・お化粧はしてもいいの?

日焼け止めはつけましょう。環境を考えウォータープルーフのものを選ぶ方が多いようです。またサンバーン(紫外線を浴びて皮膚が赤くなるやけど状態)を防ぐSPF(Sun Protection Factor)の数値が50以上、サンタン(メラニン色素が増加して黒くなる)を防ぐPA(Protection Grade of UVA)が+++のものが日焼け防止効果が高いです。
しかしこういった日焼け防止効果が高いのは肌への負担が大きいので、肌が弱い方は「ノンケミカル」や「吸収剤未使用」と表示されているものや、日焼け止め効果は低くても肌にやさしいものをこまめに塗りなおしたりして対応します。
また陸上では、帽子、サングラス、Tシャツ、ラッシュガードなど物理的に紫外線をカットするものをご用意ください。お化粧に関しては、ウォータープルーフでも落ちてしまうので、眉など部分メイクのみという方が殆どです。ナチュラルが海に良く似合う!そんな声が多いようです。

ダイビング後のスキンケア・ヘアケア

・スキンケア
まずはしっかりクレンジングで日焼け止めを落としましょう。日焼けしたお肌を冷やすには、冷たい水を浴びたり、冷蔵庫で濡らしたタオルを冷やして部位にあてます。また目も同様に日焼けしているので、ビタミンB入りの目薬を差すのもいいでしょう。
その後、保湿効果の高い化粧水等を使用します。日焼けしすぎた場合は、化粧水等が肌に刺激を与えてしまう場合があるので。何もつけずにとにかく冷やしてあげましょう。
最後にビタミンを取り、ゆっくり睡眠をとります。紫外線は身体の免疫力を低下させます。
お肌が安定したら美白ケア。美白の化粧品には有効成分が多く含まれているので、疲れた肌の負担にならないよう、状態を見ながら慎重に使いましょう。パックやマッサージなどでお肌の働きを助け、新陳代謝を促します。

・ヘアケア
海から上がったらまず真水でしっかり洗い流しておきましょう。(シャンプーが使えない場合がある) 
自宅に帰ったらシャンプーでしっかり洗い流します。髪のキューティクルが安定している状態というのが「弱酸性」。海水は「アルカリ性」なのでトリートメントやヘアービタミンなどでしっかり保湿。
最後にタオルで水けをふきとり(この時ゴシゴシ拭くのは厳禁!)、手早くドライヤーで乾かします。

体力に心配、タンクも重そうだし?

海に入ってしまえば浮力が働くので重さは感じられません。
陸上では器材は全部でおよそ13kg、タンクの重さが約10kg~15kgですのでトータルでいえば「軽い」とは言えませんが、女性でも背負える重さです。 
さらに器材の扱い方や背負い方のコツや要領がわかってくれば重さもだんだん感じなくなるでしょう。 そして最大の強みはあなたのバディです。2人一組で潜るダイビングは水中でも陸上でもお互い助け合い、安全に楽しくダイビングするためのパートナーです。

私の経験上、さほどこの心配は無用です。なぜならあんなにか弱かったあの子が今ではひょいっとタンクを運ぶ姿をよく見かけるからです(笑)

仕事・結婚・子育て、長く続けられる?

スキューバダイビングを始めるには、「結婚したら」「子供ができたら」と思うと躊躇してしまう方も多いかと思います。お金がかかりそうや続けられるかななど、悩みますが実際のところお金や時間は後からついてくるものです。みなさんきれいな海で癒されたい!日常を忘れたい!などスキューバダイビングが好きだからこそ、うまくやりくりして楽しんでいます。彼氏やご主人をダイバーにしてしまったり、夫婦交替で潜っている方や、リゾートにはベビーシッターをしてくれるところもあります。
また子育てに一段落ついたらまた楽しむこともできます。一生の趣味にできるスキューバダイビングをあきらめる理由は、ありません。

ツアー参加時に持って行った方がいいものは?

  1. 折りたたみハンガー(100均)
  2. 小さい洗濯干し(水着用)
  3. セームタオル(すぐに乾くタオル) 
  4. リップクリーム(乾燥対策) 
  5. 爪切り(爪が折れることがある為)
  6. ドライヤー(国内だとない場合が多い)
  7. バンドエイド
  8. スキンケア用品

QAトップへ_m_image.jpg  ダイビングQAへ_m_image.jpg

器材はどうする?

器材は買わないとできないの?

レンタルでも問題ありません。
ただ、レンタル器材はマスクやウェットスーツなど体に合っていないとストレスになる場合があります。
どんなスポーツでもそうですが、やはり自分に合った器材を揃えた方が、安心だし、上達がうまいのは事実です。特に軽器材(マスク、フィン(足ひれ))はストレスがかかる部分なので重要です。価格も1万円代からと安価だし、ダイビングだけではなく、シュノーケリング(タンクを背負わず水面を泳ぐ)として使えるので便利です。こちらは予算が許せば講習前でも購入をおススメします。
ただ、重器材(BCD、レギュレーター)となると高額な費用が掛かるのでライセンスを取得した後にご購入される方が、より自分に合った器材を選ぶことができます。T’s Forestでは器材のスペシャリストと一緒に器材購入のアドバイスをしております。

いつ買えばいいの?

優先順位をインストラクターと相談しましょう。 
講習前にすべてを一気に揃える必要はありません。またそれをおススメしません。スキューバダイビングが楽しい!もっと潜りたい!毎回レンタル代を払うのはもったいない!自分に合ったかっこいい器材がほしい!
そう思った時でいいと思います。

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~器材~へジャンプ

全部揃えるのに予算はどのくらい?

全部揃えるとおよそ30万円~50万円。セットや、講習特典での器材割引などを利用すると安く買えることがあります。安い器材だから選ぶのではなくて、自分に合った器材、マスクならしっかり顔にフィットするか、フィンなら脚力の強さによって材質の違うものを選ぶことをおススメします。安くても使いにくい器材ほど、高くつきます。しっかり相談してじっくり決めましょう。

まずは何から買えばいいのかな?

一番ストレスのかかるマスク、フィン、シュノーケルとウェットスーツを検討しましょう。1万円代からなので安価でシュノーケリングも楽しめます。

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~器材~へジャンプ

壊れたらどうすれば?

器材を買ったお店やメーカーに修理を依頼します。
マウスピースなど単なる交換で済む場合もありますが、空気が漏れていたり重大な故障の場合もありますので、インストラクターに相談してください。この時、器材販売をしているお店のインストラクターに相談するのが好ましいです。また、レギュレーター、BCDは調子が悪くなくても1年に一度オーバーホールに出すことをおススメします。信頼できる器材で潜ればより、安心安全です。

欲しくないけど、レンタル代が高い、、、?

T'sForestの器材使い放題をご利用ください。

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~器材~へジャンプ

水中カメラってどこに売ってる?

水中カメラは、市販で売っているカメラをハウジングと呼ばれる防水ケースに入れて水中に持っていきます。ハウジングはカメラメーカーが出しているものと、ハウジングのみを制作をしているメーカーがあります。どれもカメラの機種専用のハウジングが用意されています。しかしハウジングが発売されていない機種がありますので購入の際は、ご質問ください。弊社ではハウジングの販売はしておりませんが、アドバイスさせていただきます。

器材保管って?

スキューバダイビングに行く時の悩みは、ダイビング器材の移動です。 
ほとんどの方がキャリーケース(コロコロ付のバック)で移動しますが、非常に重くます。駅にエレベータがない場合は最悪。車移動が家からならまだいいですが。
また家に帰ってきて器材を洗ったり、干したりする場所って意外となかったり狭かったりで一苦労。
そんな悩みを解決するために、T'sForestでは器材保管を行っています。
ツアー参加時はもちろんそのままお店からお持ちするので、お客様の行きかえりはほぼ手ぶら!さらに個人でダイビングしに行く場合でも、郵送の代行をいたします。 
お店に戻ってきたお客様の器材は、完全乾燥し保管します。

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~器材~へジャンプ

QAトップへ_m_image.jpg  ダイビングQAへ_m_image.jpg

楽しみ方

 

みんなどうやって潜りに行ってるの?

いろいろなスタイルがあります。

詳しくはT's Forestの楽しみ方提案~ファンダイブ~へ →ジャンプ

どこで潜れるの?

管理されたポイントであればどこでも潜れます。
ダイビングポイントとは、現地サービス会社や漁協関連の方がポイント開発して、発見された潜れる地域のことを言います。
通常首都圏近郊は伊豆及び千葉方面へ潜りに行きます。
もちろん関西地区や北海道、東北、九州、沖縄とポイントは無数に広がっており今後も増えていきます。
また海外リゾートでは、グアム、サイパン、パラオ、ハワイ、モルジブをはじめオーストラリア、アジアビーチリゾート、エジプト、中南米、ヨーロッパなどダイビングスタイルは様々ですがこれまた無数に存在します。
見れる生物や、洞窟、沈船などポイントの特徴をつかんでいくとより楽しめます。

一人でも?

もちろん楽しめます。仲間がいますから。
海という同じフィールドを共有するダイバーはすぐに仲間になります。実際一人で参加される方は以外にも多く、「講習で仲良くなって、それ以来の付き合いです!」というダイバー仲間も大勢います。講習を共にして一緒にダイバーデビューを果たしは仲間とは、これから始まるダイビング人生の中でも特別で、思い出も絆も生まれたりします。

久しぶりだけど怖い、、。

リフレッシュダイブを受けることで精神的に落ち着きます。
10年前にライセンス取って以来潜っていません!そういったお客様は結構いらっしゃいます。当然遠い記憶の中の出来事なので忘れているのは当然。リフレッシュダイブでは、プールまたは海での浅瀬などで最低限のスキルを復習します。インストラクターと一緒に潜るので安全を管理された状態で記憶を掘り起こしてください。一度潜ってしまえば覚えているもので、自転車と一緒ですね。

パラオって?

ダイビング天国の一つ。
T’s Forestの代表 てっぺいが2年間ガイドを務めたのがパラオ。
個人的にも大好きなポイントですが、本当に素晴らしい楽園です。
とにかく魚影が濃く、地形もドロップオフ(水中の崖)によりその景観はまさに魅惑の風景。また沈船や洞窟などダイビングの種類が豊富です。
また海だけじゃなく、マングローブや滝、ジェリーフィッシュレイクにミルキーウェイなど圧巻の自然が満載です。興味のある方は是非ご連絡ください。いろいろご説明します。(長くなります)

早く上手になるには?

定期的に潜ることです
講習後に間が空くとセッティングやスキルを忘れてしまいがちです。
体で覚えていくことも多いので、定期的に潜って、インストラクターの指導を受けることが上達への一番の近道です。
またワンランク上の講習を受けるのもおススメです。

何を基準にダイビングポイントを決めるの?

まずはお客様のスキルや本数を考慮に入れ、その時期に見れる生物や透明度を考えさらに、ビーチダイブまたはボートダイブを決定します。
特に伊豆方面では、時期によって観察できる生物が変わってきますのでポイントを決める大きな要因になります。

QAトップへ_m_image.jpg  ダイビングQAへ_m_image.jpg