Q&A

素朴な疑問

 

いつ、どこでできるの?

場所によって異なりますが、大体4月~11月
川です。水上や吉野川を初め全国各地に存在します。

どんな格好で?

ウェットスーツにライフジャケットを着用します。

危険はないの?

"ラフティングは自然の川を利用した危険の伴うスポーツです。
現地サーフビスでは、参加に際しては危険の伴うことを十分承知して参加いただき、必ずスタート前にラフティングの仕方(パドルワーク他)・セイフティートーク(安全のための心得)をお聞きになって理解してください。

初めてでも楽しめる?

もちろんです。
初めにしっかりレクチャーを受けて、あとはみんなで力を合わせて楽しむだけです。

費用はどのくらい?

現地利用の場合は、¥8,000~です。(現地集合・現地解散)
T'sForestのツアーは ¥14,800~(都内集合・都内解散・BBQ込) 

詳しくは→T'sForest楽しみ方提案~ラフティング~へジャンプ

泳げないとできないの?

問題ありません。ライフジャケット、ウェットスーツを着用しますので、沈むことはありません。

QAトップへ_m_image.jpg  ラフティングQAトップ_m_image.jpg

からだに関して

 

体力に自信がないけどできる?年齢制限は?

問題ありません。
川は流れています。流れが速く波の立っているところでは、波を楽しんでください。
緩やかな流れのところでは、水を掛け合ったり、泳いだり、飛び込んだりして楽しく過ごしてください。また年齢制限はありませんが、小学生以下のお客様は保護者同伴となります。

QAトップへ_m_image.jpg  ラフティングQAトップ_m_image.jpg

女性のどうする?

 

日焼け止め・お化粧はしてもいいの?

日焼け止めはつけましょう。環境を考えウォータープルーフのものを選ぶ方が多いようです。またサンバーン(紫外線を浴びて皮膚が赤くなるやけど状態)を防ぐSPF(Sun Protection Factor)の数値が50以上、サンタン(メラニン色素が増加して黒くなる)を防ぐPA(Protection Grade of UVA)が+++のものが日焼け防止効果が高いです。しかしこういった日焼け防止効果が高いのは肌への負担が大きいので、肌が弱い方は「ノンケミカル」や「吸収剤未使用」と表示されているものや、日焼け止め効果は低くても肌にやさしいものをこまめに塗りなおしたりして対応します。

また陸上では、帽子、サングラス、Tシャツ、ラッシュガードなど物理的に紫外線をカットするものをご用意ください。
お化粧に関しては、ウォータープルーフでも落ちてしまうので、眉など部分メイクのみという方が殆どです。ナチュラルが海に良く似合う!そんな声が多いようです。

ツアー参加時に持って行った方がいいものは?

①折りたたみハンガー(100均) ②小さい洗濯干し(水着用) ③セームタオル(すぐに乾くタオル)   ④リップクリーム(乾燥対策)  ⑤爪切り(爪が折れることがある為) ⑥ドライヤー(国内だとない場合が多い) ⑦バンドエイド ⑧スキンケア用品 ⑨サーフパンフ(水着の上にはく) ⑩ラッシュガード

QAトップへ_m_image.jpg  ラフティングQAトップ_m_image.jpg

楽しみ方

一人でもできるの?

もちろんできます。
お一人で参加される方も多いです。一緒に参加される方とすぐに仲良くなるのが、アクティブスポーツのいいところですね。
しかし、友人を誘ってみんなで行くのも最高に楽しいですよ。みんなで川にジャンプや、水を掛け合ったり!最高の夏の思い出になります。

QAトップへ_m_image.jpg  ラフティングQAトップ_m_image.jpg

器材はどうする?

何をそろえればいいの?

特にそろえる必要のある器材はありません。基本的にはすべてレンタルです。
ただウェットスーツをお持ちだと、他のダイビングやウェイクボードに使える場合があります。

QAトップへ_m_image.jpg  ラフティングQAトップ_m_image.jpg